旬の味覚と季節

冬を迎えて寒さもより一層厳しくなって来ました。

寒さは厳しいですが、美味しい食材は多いのもまた、冬です。

季節の旬の食材には大きな意味があり、自然の産物にはその季節ごとの条件に見合った栄養分と特徴が含まれています。

例えば、夏の旬ではスイカやキュウリ、トマトが代表的です。

これらの食材は、夏の暑さで損なわれる水分を補う役目と共に、体を冷やす効果があります。

冬にも同じように、旬の食材とその効能があり、その大半は、寒さから体を温める効果です。

ゴボウや大根などの根野菜は、冬場では良く使われる食材で体を暖める効能があり、煮物に使えば冷えた体が温まります。

冬は熱燗におでんが一番おいしくて、地本にもよりますが、私は和がらしが一番おいしいと思います。

カニは冬の食材で思い浮かばれる一番の人気者ですが、高タンパク質・低脂肪は知られているものの、他の栄養分が含まれていることはあまり知られていません。

カニには、ビタミンB1・B2が豊富に含まれているので、代謝の働きを良くし、さらに、鉄分やミネラルも含まれている他、タウリンで肝臓の働きを助けます。

果物からは、ミカンが冬の代名詞でコタツに入り、卓上には籠に盛られたミカンが一番に連想される、冬の風物詩の風景ではないでしょうか。

ミカンの栄養分は、ご存知の通りビタミンCが豊富なことで、美容には不可欠な美白効果が期待できる栄養素です。

まして、冬は乾燥の季節ですから、冬だからこそ、ビタミンCを摂取することはとても重要なことです。

他にも沢山の冬の旬がありますが、暖かい春が来るまで、この季節の食べ物をおいしく調理して栄養を摂り、寒さを乗り切りましょう。

暖かい春に寝込むことがないように、冬の旬で、栄養価を高めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です