スイカ好きなんです

夏の風物詩のひとつに、西瓜が上げられると思います。

「縁側で西瓜を食べながら夕涼み・・・」なんて風流です。

西瓜は、水分が90%・糖質10%の果物で、子供の頃は、「夜、西瓜を食べ過ぎるとオネショをしちゃうよ」と、よく言われたものです。

それもそのはず、西瓜にはシリトンという成分が含まれていて、アミノ酸の一種で、老廃物や有害物質を体外に排出する作用(利尿作用)があるのです。

もうひとつ注目は、シリトンは他の果物にはほとんど見られない成分ということです。

他の成分としてリコピンは、活性酸素を抑制し、活性酸素の増加により動脈硬化やガンを誘発してしまいます。

赤い色素なので、赤玉西瓜のみに含まれています。

カリウムは、ミネラルのひとつで、余分な塩分を体外に放出する作用があります。

シスペインは、ビタミンCを保護する成分で、シミやソバカスにも効果を期待できます。

イノシトールはビタミンB群のひとつで、リコピンと同様に、動脈硬化に有効で、肝臓に脂肪がつくのを防ぎます。

マンノシターゼは、糖質分解酸素として、ダイエット効果に注目されています。

上記のように、西瓜は意外と多くの栄養素を含んでいる果物なのです。

水分が多いせいか、栄養を含んでいるとは感じ難い果物に思っていたのではありませんか。

さらに、西瓜に関してプチ情報ですが、「西瓜は冷やして食べるのがおいしい」と誰もが思うことです。

それはその通り、暑かった日の締めくくりで夕食後や風呂上りのデザートで・・・。

ですから、皆さん買ってきて直ぐ冷蔵庫へ入れるのがお決まりのパターンですが、西瓜は冷蔵庫に入れて冷やすと成熟が止まってしまう果物です。

先ほどご紹介した栄養素の成長が止まるということですから、常温で保存し、食べる前に冷やしてということをおすすめします。

ただし、常温で保存できる日にちに気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です