食欲の秋!旬の味覚を楽しむ

暑かった夏が過ぎ去り、夏のダメージが体に残っている方も多いことでしょう。

特に、内臓系のダメージは自覚が無いので気付きにくいのです。

過酷な暑さに耐え抜いた自分の体に感謝をしながら、秋の旬で体力を取り戻しましょう。

秋の旬は、味覚と栄養の宝庫なので、何を食べても美味しく、夏で失われた栄養素が豊富に蓄積されている物ばかりです。

早速、いくつかの食材の食材をご紹介しましょう。

秋の旬と言えば、里芋・柿・栗・秋刀魚・キノコ・茄子など等、数多くの食材が頭に浮かびます。

里芋は、芋の中で最もカロリーが低いということをご存知ですか。

里芋の煮物は最高ですね。

また、食物繊維が多く含まれていることも特徴の一つで、便秘の悩みを持つ方には最高の食材と言えます。

さらに、胃腸の働きを整える作用が有るので、夏で胃腸を弱らせ食欲を失われている方にお勧めです。

また、柿も秋の代名詞と呼ばれる食材で、ビタミンC・Aと食物繊維が豊富なことから肝臓の働きを整えるのでお勧めです。

小さな栗には、驚くべき栄養効果を備えていることをご存知でしょうか。

栗には、ビタミンBが豊富で体を温める効果が有ることから、冷え性の方には嬉しい食材と言えます。

それに、温まる効果は内臓からなので胃腸の働きに有効なのと、骨を丈夫にする効果が期待でき、内臓機能や骨が弱りがちな高齢者の方には有効な食材です。

また、カリウム・ミネラル・タンニンも備わっているので、高血圧予防や抗ガン作用があることも知られています。

栗ご飯は簡単に作れて冷凍保存もでき、重宝しています。

今回は、夏の疲れを癒してくれる「里芋」と「栗」の栄養価をご紹介しました。

これからが秋本番。

秋の旬で、味覚と栄養効果をお楽しみください。

ヘリオホワイトの副作用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です